会社設立代行はスポットだけの利用も可能です

会社設立代行は定款を定める時のアドバイザーになってくれるメリットを持ちます。

定款を作成した後は、公証人役場での認証手続きや資本金の払い込み処理、通帳の記帳や払い込みを行った証明書類の作成、法務局に登記申請を行う時に必要な書類作り、登記申請手続きや実印の登録など、会社設立すべての代行を務めてくれます。会社設立の中でも定款を定める工程はとても重要な作業になります。

定款は一度定めても後から変更は可能ですが、変更する事で費用が発生する、手間が掛かるなどからも設立する段階でしっかりとした定款を定めておけば、後の紛争時にも有利に働くなどのメリットを持ちます。設立代行を行っている会社は、行政書士などの資格を持つ人が在籍している会社でもあり、法律に精通した専門家です。定款は会社法の法律に準拠している事が重要で、法律に反する取り決めが行われていると公証人から認証を得る事が出来ません。

設立代行に依頼するメリットは手続きや書類の作成だけではなく、定款を定める時のアドバイザーになって貰えるなどもあるわけです。すべての作業を代行して貰うだけではなく、定款の取り決めを行う時にアドバイスを貰いたい、定款を定めた後の定款認証手続きまでをお願いするなど、スポット的な利用も出来る会社が多くあります。勿論、設立登記まですべてをお願いする事も可能ですが、申請書類はそれほど難しいものではない、ある程度の知識を持っていれば出来るなどからもスポット利用を希望される人も多いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *