会社設立を代行業者に頼むときは比べて選ぼう

会社設立を代行業者に頼んだ場合、一定の条件に該当すればの話ですが、自分で設立をするより安くなることがあります。

それは、代行業者が電子定款を用いて手続きをして、自分は電子定款をするための必要なソフト等を持っておらず、なおかつ業者の料金が安い場合です。まず、会社設立には定款の作成が必要で、定款は電子媒体で作ることと紙媒体で作ることができます。

このうち、電子定款の場合は印紙代がいらないため、これを活用することで4万円安くなります。会社設立代行業者を利用する場合でもこの実費は当然自分が負担することになりますから、安く抑えられるならそれだけ費用を抑えることが可能です。

そして、もし自分で電子定款を作成できれば業者に依頼する費用が掛からないのでそれが一番安いはずです。これはその通りですが、作成のためには必要なソフトやICカードリーダーがあります。

ソフトウェアの場合、パッケージ版を購入すると3万円ほどかかってしまいますし、ICカードリーダーは2000円前後です。これですでに32000円程かかるわけで、詳しい解説が書かれている書籍などを購入すれば、ほとんど紙の定款で手続きをした場合よりも少し安いか、場合によっては超えてしまうでしょう。

代行業者は、すでに定款作成に必要なソフトウェア等をもっていて、それに関して費用は掛かりません。それで手数料が安く抑えられていれば、自分でやるよりも明らかに安く行えるメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *