本当に会社設立代行で自分でやるより安くなるか

会社設立代行業者では、自分で設立をするよりやすくなると宣伝しているケースがあります。

これは、一定の条件に当てはまれば事実といえなくもありません。会社設立代行業者では電子定款を用いていますが、電子定款の場合、認証に印紙代がかかりません。印紙代は4万円なので、4万円のコストが安くなります。

電子定款を作るためにはソフトや機器が必要になりますが、それを購入して自分でやる場合、その分がコストアップになります。会社設立代行業者の中には、自分でこの必要なものを購入するのに発生する費用よりも安い手数料で請け負っているところがあり、そういった業者を利用すれば自分で会社設立の手続きをするよりも安くできることになるといえるでしょう。

業者としてはたくさんの案件をこなせば利益を出すことができるので、低い料金でやっても問題ない場合があるでしょう。また、税理士や行政書士、弁護士が運営しているケースでは、将来顧問契約を結ぶことを条件として費用をゼロ円でやっているケースもあります。

そうでないときでも、提携する士業に紹介をするという形で紹介料をもらって利益を出して、ゼロ円で代行しているところもあります。このように、安い理由はケースバイケースです。初期費用が掛からなくても、将来的な費用がかえって高くなってしまうこともありますから、選ぶ際にはよく比較して条件を見ておく必要があるでしょう。

例えば顧問契約を結ぶパターンでは、その費用が高かったり違約金が高額に設定されていることがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *