会社設立代行で安く設立ができる理由

会社の設立をする上で、手続に必ず発生する費用があります。

それは自分で会社設立をする場合でも代行業者を利用する場合でも同じです。しかし、会社設立の代行業者を利用した場合、自分で設立するよりも安くなることがあり、実際にそういう宣伝をしている業者も多いです。

そのからくりは、電子定款を用いての会社設立代行であることが理由です。紙の定款の場合、公証役場での認証を受ける際に印紙代4万円がかかりますが、電子定款にすればこれがかかりませんので、4万円が浮きます。もちろん、業者に支払う報酬もあるため、丸々4万円が浮くわけではありません。

しかし、自分で電子定款を作成するとなると、ソフトウェアや機材などを購入しなければなりません。業者に払う報酬よりもこれは高くついてしまうため、こういった設備をすでに持っていないのであれば、業者を利用したほうが安くなります。

会社設立の代行業者は、高くても1万円程で請け負っているところが多いです。つまり、この場合は3万円程自分で紙の定款で手続きをするよりも安くなります。安くできる理由は、業者が税理士などの士業が運営しているケースでは、顧問契約を結ぶことを前提としていたり、そうでなくても提携する士業を紹介してそちらから紹介料をもらって利益を出しているという理由があります。

将来のことを見据えると、顧問契約を結ばされるケースでは高くなってしまうようなケースもありますので、単純に料金だけで比較しない方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *