会社設立を代行してくれるサービスに任せる

会社設立には法律で定められている各種の届出書類や、これから始まる会社の根本的な規則である定款の作成して提出する必要があるため、担当窓口が開いている時間内に何度も関係機関に足を運ばなければならないなど煩雑な手間がかかります。

それでなくとも忙しい会社設立の大切な時期に事務的手続きに忙殺され、肝心な本業のスタートアップが疎かになってしまっては本末転倒です。そんな時は会社設立を代行してくれる業者に依頼する方法があります。

一般的な会社設立を代行するサービスの例では、まずはさまざまな国家資格を持った担当者と面会し会社の事業内容を伝えると定款が作成されます。つづいて登記用の書類が作成されますが、署名捺印は流石に依頼者自身で行わなければなりません。

書類が完成したら担当者により登記申請が行われ、登記が完了すると登記簿謄本と印鑑証明書が受け取れます。最後に税務署をはじめとする官公庁や役所に届出を行えば一連の手続きが完了で、それまでの期間は関係各所の混雑具合にもよりますが概ね2週間程度となります。

大切な会社のスタートアップの忙しい時期に役所による書類の受理や返答を待つような目処の立ち難い期間を充ても無く費やすのは厳しいものがあり、限られた社内のリソースを煩雑な手続きに拘束される事無く本来行うべき本業の遂行に振り向けるためにも、全てを任せられる会社設立を代行してくれるサービスを利用するのは有効な手段です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *