会社設立の代行を依頼する時

会社設立はいろいろな役所にそれぞれが必要とする書類を持って申請し認可されることで認められますがこの一連の作業について代行で対応することが可能です。

士業の専門家にそれぞれ依頼をすることで迅速かつ確実な処理が出来ますから、考慮の余地は大いにあります。無論、彼ら士業も慈善事業をしているわけではありませんので、会社設立の代行について依頼料を支払うことで対応してもらえるものです。

したがってある程度の資金力がなければ依頼することはままなりませんし、そもそも会社設立では一定の費用がかかりますから、代行の依頼料と併せて余裕を持った資金計画が欠かせません。

士業はそれぞれ出来る範囲と得意分野を持っていてそれぞれに合わせて依頼を行っていくことが肝心です。定款の作成や公証役場での認証関係は行政書士に依頼し、法務局での法人登記に関しては司法書士に依頼をするといった流れです。

またその段階で会社が設立となりますがこれ以降社会保険及び厚生年金、雇用保険の届け出であったり、税務署や都道府県税事務所、市町村役場の税務担当課へも書類を持参する必要があります。

行政書士や司法書士さらに社会保険労務士や税理士などの専門家に依頼することで、依頼する側の負担が減ります。依頼料はかかりますが確実な処理と確実な対応をしてもらえますので、依頼する側は安心できるわけです。

なお設立に関するものは順番に処理を進めなければなりませんので、同時進行が出来ない部分があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *