会社設立の際に必要な費用を知っておく

自分の株式会社を作って経営を行うことを考えている人は、実際に会社設立の際にどのような費用を見込んでおくことが必要となるかを考えておく必要があります。

まず、必要となる費用には、事務所を設立する場所の賃貸オフィスを借りるためのお金を用意する必要があります。初期費用としては敷金、礼金、仲介手数料などがあり、事業開始当初は利益も少ないので、向こう数か月分の家賃も用意しておくと良いでしょう。最初のうちは自宅を事務所として登記しておけば、賃貸事務所を借りるための初期コストを抑えて会社設立ができます。会社設立の際には事務所ビルを借りるのではなく、レンタルオフィスを利用する方法もあり、会社本社として登記をすることも可能です。

レンタルオフィスには机やいすなどが備え付けられているので、自分で備品を用意する手間や費用も掛かりません。インターネット回線も用意されているので、パソコンひとつで業務を行うことができます。会社設立登記申請は、司法書士が業務を行っていますが、調べながら自分自身で登記申請をすることができれば、司法書士への報酬も抑えることができます。忙しい人は司法書士を活用することで時間の節約になりますが、少しでも事業立ち上げ時の支払いを抑えたい人は自分で行うのも一つの方法です。必須の費用としては、設立登記申請時の登録免許税が最低でも15万円のしはらいが必要となってくるので用意しておくこととなるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *