会社設立にかかる費用とは

会社設立にかかる費用ですが、会社の形態によって違います。

過去は有限会社がありましたが、現在ではその形態はなくなりました。現在ある形態は株式会社と合同会社になります。ここでは、それぞれの会社携帯によってかかる費用について説明していきます。まず、今もっとも皆さんが知っている株式会社になります。簡単にいえば総額20万0300円で会社設立することができます。

その内訳は、定款認証が50300円、登録免許税が15万円かかります。これを足すと先ほどの金額になってきます。ただし、登録免許税に関しては資本金によって変わってきており2142万円より低ければ15万円で済むことになります。では、合同会社の会社設立の費用ですがこちらは60000円になります。株式会社と比べると3分の1以下で会社設立ができます。このように単純に会社を作りたいだけであれば、合同会社のほうが安いことになってきます。そして上記以外にも必要なものがあります。

例えば、実印などになります。それ以外にもAdobeAcrobatやICカードリーダなどがかかってくることになってきます。費用面では、このようになりますが、株式会社と合同会社どちらを作ればよいでしょうか。当然のことながら、将来上場を目指すのであれば株式会社で問題ありません。ただし、個人事業に近い形であれば、最初は合同会社で問題ないといえるでしょう。もし、会社が大きくなってきたときに株式会社に移行することも可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *