株式会社設立に必要な費用とは

会社設立に要する費用は、会社の形態によって異なります。

会社と聞いて多くの人が思い浮かべる株式会社の場合は約20万円、合同会社の場合は6万円です。なお、これはあくまでも会社を設立する際に役所に納めなければならない最低限の費用ですので、これだけで会社設立をすることが出来るというわけではありません。株式会社設立に必要となる費用は、資本金・法定費用・その他に分けることが出来ます。

資本金は以前は最低でも1000万円以上用意する必要がありましたが、現在では1円、現物出資であれば0円でも設立することが出来ます。上限は設けられていませんが、資本金が1000万円未満の場合は様々な特典を受けることが出来るというメリットがあります。登録免許税や各種手数料が最低限用意しなければならない金額です。電子定款と紙の定款では4万円ほどの違いが出来ますが、電子定款のほうが安く済ませることが出来ることから、ほとんどの場合は電子定款が選ばれます。自分で会社を設立するという場合には、電子定款を自分で作る必要がありますが、その際には専用の設備を用意する必要があります。

費用を抑えたいという場合には、電子定款作成サービスを利用することをおすすめします。その他にかかるものとしては、会社の実印や印鑑証明などです。印鑑は印材によって金額に違いが出ます。極端に高価なものを選ぶ必要はありませんが、ある程度の価格の物を選ぶことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *