会社設立の前に流れと費用を知っておく

株式会社設立を行って事業を行ったほうが、個人事業主として営業を行うよりも取引先からの信頼を得ることができます。

大きな会社となると法人としか取引を行わない会社などもあるので、事業規模を大きくしていくことを考えている人は会社設立は必要となるでしょう。また、会社形態にもよりますが、事業に必要となる資金の融資を銀行に頼む時も会社設立を行っていたほうが融資を受けやすくなります。法人化することで、会社で使用した費用を必要経費として計上することができるという税制面でのメリットも受けることができるでしょう。

旅費日当を経費にできる点も法人のメリットといえます。会社設立の際には基本的な流れや必要となる最低費用などをしっかりと理解しておくことが必要です。会社の基本的な形態である株式会社を設立する流れとしては、まずは会社名を決めることから始めることになります。株式会社の場合には、決めた法人名称の前後どちらかに株式会社という名前を入れる必要があります。会社名を決めた後は、法人を設立登記するための本店所在地を決定することになります。一人で事業を行う場合には、最初の間は自宅を所在地に定めておいても良いでしょう。

その後、会社設立登記に向けて定款を作成して公証人の認証を受けることが必要なりますが、公証人による認証には費用が掛かるのであらかじめ用意しておくことが必要です。電子定款の場合には印紙はいりませんが、紙の定款では印紙代の費用も必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *