会社設立にかかる費用について

会社を設立する場合、資本金や登録免許税、定款の認証にかかる費用が必要になります。

ただ、近年では資本金の要件が緩和され、資本金が1円でも株式会社ができるようになっています。したがって、実質的に必要となる費用は、登録免許税と定款の認証に関係するものになります。

また、設立行為に現物出資が含まれたりする場合、不動産鑑定士や弁護士などの証明が必要になる場合があります。その証明にかかる費用も、現物出資で専門家の証明が必要な場合にはその金額を計算しなくてはならないでしょう。

現物出資に関連する証明は、設立される会社の債権者に将来的になる人を保護するために、資本を充実させる必要性から必須のものだといえます。一方、会社設立に必ず必要とされる登録免許税と定款の認証に関する費用ですが、登録免許税は資本金が少ない場合でも株式会社の場合で15万円以上が必要となります。

合同会社では、会社設立における登録免許税は7万円で済む場合もありますが長期的なスパンで考えると株式会社の方が事業を拡大しやすいといえます。そのため、会社設立は株式会社の場合を念頭において考えておくと良いでしょう。

最後に定款の認証について説明します。定款の認証は、公証人役場で公証人に定款を認証する手続きの費用及び、行政書士などに定款の書類を作ってもらう対価が必要になります。行政書士などの手助けを得ないときは、公証人に認証してもらうときに公証人に支払う金額だけで済みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *