会社設立の費用はいくらかかるの?

会社を設立するには株式会社、合同会社を選択でき、各々によって設立時にかかる費用は変わってきますが、まずは定款認証の費用(合同会社は不要)と法人の登録免許税が必要です。

・株式会社の会社設立の場合定款費用50、300円+登録免許税150、000円=合計200、300円※資本金2142万円以下の場合株式会社設立の場合は最低上記の金額200、300円が必要ですが、これは電子定款を作成して法人を設立した場合の費用で、紙で作成すると印紙代として+40、000円が追加で必要です。

また謄本を保存するのに電子定款の場合は300円の保存料ですが紙の場合は約2、000円です。一見電子定款を作るとお得に見えますが、自分で作成する場合はAdobeAcrobat、ICカードリーダ、住民基本台帳ICカードなどが必要になり、一から全てそろえるとなると約40、000円かかってしまうので注意しておきましょう。

・合同会社の会社設立の場合定款費用0円+登録免許税60、000円=合計60、000円※資本金が857万円以下の場合電子定款で合同会社を設立する場合は、定款の認証が不要のため登録免許税の60、000円でスタートすることが可能です。

ただしこちらも紙の定款で作成しますと印紙代として+40、000円が追加で必要で必要なツール(約40、000円)も株式会社と同様です。このほか会社設立にあたり株式会社、合同会社ともに社印、代表者印が必要ですが、今だとインターネットショップなどで3、000円前後でそろえることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *