会社設立の必要の費用は種類によって違う

会社の種類によって、会社設立の費用は大きく違います。

例えば、会社の種類としては株式会社や合同会社といった種類が存在します。平成18年の法改正によって有限会社は節理することができなくなりましたので、有限会社の代替として設立させるためには合同会社という形で設立させなくてはいけません。

合同会社として設立させるためには、出資者の数や、経営状況を考慮して手続きを行う必要があります。実際の設立件数に関しては年間で1万件以上もあると考えられていますので、非常に人気の高い会社だといえます。

合同会社の場合は、資本金や法定費用といった費用を考慮する必要があります。ただし、資本金に関してはかなり規定が緩くなり、1円からでも会社設立が可能になりました。法定費用というのは、会社設立に必要になる手続き料金のことです。主なものとしては、印紙代や登録免許税などがあげられます。

印紙代や登録免許税は、定款の申請方法によってもかなり違いが存在します。近年では、電子定款という電子上のデータを利用した方法が流行していますので、必ず紙面上で定款を作成しなくてはならないわけではありません。

その他のお金に関しては、実印の作成料金などがあげられます。特に、会社の実印の料金や電子定款に関する作成にかかる金銭は会社設立で最も大きな違いが生じるところです。そのため、このあたりを削減することができれば、会社を作っても大きな出費にはならないといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *