会社設立時に決めておくこととは?

会社設立の際には、幾つか決めておかなければいけないことがあります。

会社名(商号)・事業目的・所在地・資本金・株主及び出資者などです。会社には株式会社や合同会社などがあります。

会社名は基本的に自由に決めることができますが、よく知られているような有名企業と同じ名前を付けることはできません。

これは詐欺などの被害を防ぐ目的があるからです。

次に会社設立の際には、事業目的も必要になります。定款を作成するのに必要な項目で、定款に記載されていない事業を行うことはできません。

事業目的は1つだけに限ったものではなく、複数記載することができます。すぐに行う予定のない事業目的でも、将来的に可能性があるものであれば記載しておくと後々役に立つかもしれません。

ただ、定款変更手続きを行えば定款の内容を変更することはできます。それから会社設立を行う時には、本店所在地を決めておく必要があります。

賃貸物件を借りてオフィスにすることもできますし、自宅の住所にしても大丈夫です。そして会社設立時には、資本金を決定しておかなければなりません。

必要な資本金額は1円以上とされています。資本金が1千万円以上の金額になる場合には、会社を設立した最初の年から消費税の課税対象となります。

また、資本金を誰が出すかによって設立の方法が決まります。発起設立と募集設立の2つがあり、発起設立の場合には発起人が発行する株式の全てを引き受ける形になります。

募集設立の場合には、投資家などに出資者を募る方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *