会社設立に必要な手続きや費用

個人事業主として事業を行っていると倒産に対するリスクに備えることが困難です。

最悪の場合は自己破産をせざる得ない状況に追い込まれてしまうことも考えられます。

ですので事業を始めるのにあたっては会社設立を行うのが望ましいのですが会社設立を行うためには色々な経費がかかることになるのです。

まず、一般的には代表取締役としての実印や法人としての実印、社内で使うための角印、銀行印などを取り揃える必要があります。

最近は印鑑をネットで販売する会社も増えてきていて価格も安くなってきていますが、それでもだいたい数万円ぐらいはかかることになるのです。

また会社設立のためには定款を作成することも必要になります。定款は、会社の目的や商号など基本的な規則を決めたものです。

作成するためには、およそ10万円ぐらいの費用がかかることになります。定款を作成したら法務局に会社設立に対する登記を行うことが必要です。

司法書士に支払う手数料の金額によって変わってきますが、およそ20万円から30万円ぐらいの費用が発生します。

赤字決算になったときも、都道府県や会社が管轄する自治体に対して税金がかかります。

この税金のことを均等割りと呼び、会社がそこで運営していることに対して発生する税金です。およそ7万円ぐらいの税金がかかります。

このように会社設立をするためには多くの手間や費用がかかりますが、それが従業員や取引先に対する覚悟となり責任感がある事業活動を行えることになるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *