会社設立をすると外部から信頼されやすい

個人事業主でいるのを会社設立をするのでは、どちらの方が信頼があるかというと働き方が多様化していることによって多少変化はしてきているものの、まだ一般的には会社の方が個人事業主でいるのよりも信頼されやすいと言われています。

株式会社の色々な規則を決めた会社法が2006年に施行され、株式会社が1円からでも設立することが可能になりました。

そのため現在では、資本金が200万円から1000万円までの株式会社が最も多くなっています。

1円から会社設立が出来るのにも関わらず、ほとんどの会社が一定の金額の資本金を確保しているのは、銀行や取引先などに対する信頼の度合いが資本金の金額に応じて高まるからです。

ですので会社設立を実践するときには、ある程度の金額の資本金を確保して置いたほうが望ましいということになります。

会社を設立するときには設立登記を法務局で行う必要がありますが、その場で資本金が入金されている通帳の写しを提示することが必要です。

銀行や取引先などにとって、ある程度の資本金が用意されているということは、その分だけ資金の調達能力があるものと認識されることになります。

そして、登記手続きを行うことによって公的に、資金調達能力を証明されることになるのです。

こういったことは個人事業主では行うことが出来ないことになります。

そのため、銀行や取引先などから信頼されるようになるためには会社設立をした方が良いということになるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *