将来的に会社設立を考えている人に

将来的に会社設立を考えている人もいるかもしれませんが、そもそも会社設立とはどういうことなのでしょうか。

何かの商売をするとか、人を雇って仕事をするためには必須の条件だというように思っている人もいるかもしれませんが、これは実は正確ではありません。というのも、商売をするにせよ人を雇うにせよ、会社という組織が大きな役割を果たすことは事実ですが、会社設立しないとできないものかというとそんなことはないからです。

個人的に商売を行い、人も雇って立派に給料を支払っている人はいくらでもいます。いわゆる個人事業主と呼ばれる人たちで、個人として事業を行うことは全く可能だということです。もちろん利益を上げることもできますし、上げた利益は当然ながら自分のものにできます。会社など必須ではありません。

しかし、必須ではないにも関わらず、現実的には会社が存在し、それを作りたいと思っている人が多いことも事実です。世の中に数多くの会社が存在するのはなぜで、何のためでしょうか。それは、個人としてできることにはどうしても限りがあるからです。

事業を営んでいると、個人としてではなく組織として仕事をしたい、一人の人間ではなく、組織全体として見て欲しいということがあります。このように、個人ではなく組織が重要だとか、必要だと考える場合に設立されるのが会社です。つまり、会社とは組織のことと言っても差し支えありません。専門的には組織というよりも法人という言い方をします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *