会社設立の流れを知ろう

起業しようと思い立ったら、会社設立のために書類の作成や提出などの作業が必要になります。

今は代行業者も数多く出てきているのですが、自分で作成するかどうか決めかねているときでもまずはどのような流れで設立をすることができるのか、大まかに確認しておくと自分でも行動がしやすくなってきます。

会社設立の一般的な流れとしては、基本事項の決定をし、定款の作成、資本金の準備と払い込み、登記書類の作成と申請、登記後の行政手続きと進んでいくことになります。これまで会社員として働いてきたのであれば、法務局に出向けばそれで終わりのようなイメージもあるかもしれませんが、やはりそれだけの簡単な作業で終わることはありません。

出かける場所も法務局だけでなく、公証役場や税務署、年金事務所に労働基準監督署、公共職業安定所に健康保険組合、必要な金融機関に出向くなどしなければなりません。一度に全部済ませてしまいたいですが、流れに沿って作業をしていかないと必要な書類が揃っていなくて門前払いとなってしまいます。

スピーディーに会社設立の作業を進めていかないと、あっという間に時間は経過してしまいます。大まかに流れを見て理解し難い場所があるようなら、自分で作業するより代行業者に依頼した方が迅速かつ安全に企業をすることができるでしょう。業者も依頼できるところが増えているので、手数料だけで決めるのではなくてきちんと作業内容やプランを確認してから選んでください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *