会社設立の意味合いについて

いずれは会社設立して独立したいと考えている人もいるでしょうが、そもそも会社設立にはどういう意味合いがあるのでしょうか。

たまに、会社員や公務員としてではなく、独立して仕事をしていくために必要なことだと思っている人がいますが、これは正確な理解ではありません。別に会社設立などしなくても、一人で仕事をしていくことは不可能ではありません。

何らかの商品を販売するにしても、何らかのサービスを提供するにしても、会社という組織は別に必須ではないのです。これは別に驚くようなことではありません。例えばインターネットのオークションで不用品を販売し、お金を手にしたことのある人もいるでしょう。それはたまたまだったかもしれませんが、しっかりとお金は得ることができたはずですし、たまたまではなく継続的に行ってはいけないという決まりもありません。

それを妨げているのは時間かもしれませんし、実際に販売する商品を仕入れるルートの問題かもしれませんが、いずれにしても決まりがあるからできないというものではないはずです。

会社設立とは、このような仕事を自分でやって良いかどうかを決めるものではなくて、その仕事を個人ではなく法人として行えるかどうかということになります。言い換えれば、会社を設立するとは、個人とは別に法人という人格を持った存在を生み出すことです。個人としては難しいことであっても、法人として、つまり組織であればできることもあるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *