展示会場の装飾の大切さ

新商品を宣伝したり、企業イメージの定着を図ったり、取扱商品の紹介をしたりするために展示会を行うことがあります。

その場合には展示会ブースを装飾することがよく行われます。一方で企業は長年の間に企業イメージをブランドという形で継承してきています。そうした企業の場合には、そのブランドの持つ力は大きいものがあります。

そうした企業の場合にはそのイメージを崩さない配慮とともに新規性が感じられる部分を合わせ持つようなデザインが求められます。こうすることでブランド力も活かしつつ、新機軸商品の宣伝も同時に行うことができます。

そのためにはこうした装飾を手掛ける業者への委託が行われることがあります。その業者にそうした意図を明確に伝えて、ブランド力を生かしつつ、新商品や新開拓を図りたいことを理解してもらった上でデザインしてもらいます。

一方でまだ起業したばかりとか、新分野に進出したばかりの企業の場合にはどうでしょうか。その場合にはこれまでにない装飾デザインを行うことができます。来訪者が目を引くような装飾も可能でしょう。

ただし、のちの企業活動がしやすいようにすでに第二段などの関連商品を準備中の場合には、それらとの関連性も含めて整合性があるようにデザインしていくといいでしょう。

商品の販売が好調な場合にはそれを上に書いたようにブランドとして確立させていくこともできます。装飾のデザインを活かし、関連商品や、ひとつのブランドイメージとしてそうした展示会を活かしていくことになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *