住み込みの求人は採用されることが多い

最近の求人で住み込みで働くのは珍しいように思われますが、そんな求人職種はたくさんあります。

ホテルや旅館の接客業、交代制がある製造工場、トンネルやダム工事など長期間かかる建設現場などは住み込みで働いている人がいます。現代は1階が作業場で2階が寮のような形態は少なく、独立した社員寮やアパートを確保してあります。

間取りも一人に一部屋は与えられてプライバシーは保てます。寮費や管理費名目で給与から天引きされますが1万円から2万円くらいで、食事がついてもさらに1万円位が加算される程度です。

お金を貯めるには適した環境です。自己資金を作り自分で起業したり、商売を始めるための元本作りには適しています。意外ですが住み込みで働く業種の求人に対する応募は多くありません。

職場と住居が近く、自由が少ないように感じますが、今はそのような労働環境の職場は多くありません。むしろ、人材が多く集まらない職場ではそこで働くスタッフを大事にしてくれます。

交替勤務のある職場では手当てが加算されたり、夜勤の時間は管理者や監督者が不在でのびのびと働けるメリットもあります。夜間に働くと昼間を睡眠時間にあてますので外出が減り無駄な出費は抑えられます。

住み込みはがんじがらめに縛られる年季奉公のイメージがありますが、今は人手不足の折、労働力の確保のために最大限優遇されています。人生に目的を持って期限を決めてお金を貯めるのであれば、住み込みで働くことは有効に機能します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *