生活環境の良いシンガポールでの高校留学

アジアでの高校留学に注目が集まる中、生活環境の良いシンガポールは依然として人気が高いといわれています。

日系企業の駐在員やその家族の人たちが多く暮らし、近年では起業で訪れる日本人の若いひとも増加の傾向にあり、アジアの中でももっとも暮らしやすい国に挙げられます。

シンガポールは公用語が英語で、人口の約4分の3を華人が占めますが、その多くが華南地方と呼ばれる広東や福建の人たちなので、食事の味付けも風貌も近く親近感も沸き、親日家が多く治安が良いことでも知られています。

都市国家として経済成長を果たし、地下鉄インフラが進んでいることもあり市内へどこへ行くのにも便利で、緑化政策により街が整備されていて木陰に行くと涼しいので常夏の国といえどもそれほど暑さを感じません。

また、日常生活に必要なものはほとんど揃っているので日本から持って行くものもあまりなく、現地では地元の食事も合いますが、和食のレストランやフードコートには日本食のコーナーがあるので、高校留学においての生活環境は申し分がないでしょう。

シンガポールでの高校留学は、夏休みを利用しての短期のプログラムに参加、または全寮制のボーディングスクールで勉強というのが一般的とされています。ボーディングスクールでは、近隣国の著名な政財界のご子息も学びに来るほどで、中にはアメリカ本土やイギリスの一流大学を目指す学生も多く、教育レベルの高さはアジアでは屈指といわれるほどです。

英語のレベルはとても高く、話し言葉はシングリッシュといわれていますが、将来的にみても東南アジアの人たちと英語でコミュニケーションを図るシーンが多くなる上に、留学生も各地から集まっていますのでリスニングでの音域が広がる分、シンガポールでの高校留学は有意義なものといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *