個人事業主が法人化して会社設立することの利点です

個人事業で業績を伸ばしてきて、あるときをもって法人化する事例が非常に多いです。

法人としての会社設立をすることには、実に多くのメリットがあるからです。まずは会社形態をとるほうが、対外的な信用を得やすいという特徴があります。中には、会社組織でないと直接の取引はしないという会社もあるほどです。上場企業の場合は、法人会社対象でないと取引をしてくれないのが通例です。

会社設立することによって、銀行からの融資を受けやすくなるのも間違いのない事実と言えましょう。個人事業のときよりも、会社組織になったときのほうが、銀行融資を受けるのははるかに容易になるのは明らかです。代表者という個人は同じでも、会社形態をとることで信用度が著しく上がるからにほかなりません。

たとえば、個人で派遣事業や産業廃棄物処理などの許認可が必要な事業を営んでいる場合、自分の子供に事業承継するとなると、再度、許認可を取り直さなければなりません。会社組織であれば、すでに会社として認められているものですので、あらためて許認可を取る必要はないのです。

会社が得た許認可は、かりに経営者が変わっても会社のものであるからです。納税に際して経費として計上できる範囲が非常に広くなるのも、会社設立することの大きなメリットになります。個人事業主の場合は、たとえば社宅にしてもあくまでも事業で使われている部分しか経費に計上できませんが、会社組織にすれば広範囲で経費として落とすことが可能です。

また出張したときの旅費日当を経費化できるのは法人化したことの大きな利点となります。あるいは生命保険料も経費にあげることができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *