会社設立における、司法書士と税理士の役割

今は資本金1円から株式会社を作る事が出来るため、事業を興すと同時に自分の会社を設立するのは、身近で簡単な事になっています。

しかし会社設立には、決めなければならないチェックリストが存在します。チェックリストはネットでもフォーマットが公開されていますが、特に初めての作業だと戸惑ってしまうはずです。そこで、会社設立の際には必ず「司法書士」にお願いしましょう。印鑑証明書や会社の社判作成・押印など、自分でやらなければならない作業はありますが、他の作業はすべてお任せできるので、司法書士に依頼する事で時間と手間を飛躍的に短縮する事が可能です。

司法書士の費用自体は3万円から10万円と大きく幅がありますが、会社設立を急いでないのであれば格安の所に依頼しても結果的に会社が設立できなかったという事はありませんので、予算と相談して価格を決めると良いでしょう。また勘違いされがちですが、「税理士」は「司法書士」の業務を代行できないので、ふたつの役割を把握しておく事をお勧めします。

簡単に言うと、司法書士は会社設立の登記の代理作業を許されている専門家で、設立後の税務処理などについては相談が出来ません。反して税理士は収入・収支の管理や決算など金銭面業務の専門家であり、会社設立の登記については不得意です。

そのため、会社をたちあげる際には、まずは司法書士に登記作業をお願いし、設立後の税務業務は税理士にお願いする。この2つのポイントを理解したうえ、行いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *