会社設立においての発起人の役割です

会社設立に関する情報を調べていますと、発起人という言葉が頻繁に出てまいります。

これは、会社が設立される際、資本金の払い込みや、定款の作成などの必要とされている手続きを行う人を意味するのです。発起人は会社が設立された後、出資した金額に応じて株式が発行されてその会社の株主になります。取締役は会社を経営する役回りになりますので、発起人とはその点で違っているのです。

発起人は会社が設立された後は、株主として会社の意思決定に参画していくこととなります。発起の責任としては、原則的に会社設立までの行為に関してが規定をされています。たとえば、会社設立が不調に終わったとか、はたすべき義務を怠って会社に損害を与えた場合の責任とか、非常に重い責任が課されることとなっているのです。発起人になる資格には制限がありません。

未成年であっても法人であってもなることが可能となります。さらに、人数にも制限がありませんので、複数の発起人を剪定することもできます。ただし複数の発起人がいると正反対の意見が出てくる可能性がありますので、その点も考慮に入れておく必要があります。

発起人の選定の仕方ですが、発起人の数によって方法が違っているのです。ひとり会社の場合は、発起人も株主も取締役も、すべて自分ひとりでやることになりますので、この場合の注意点は何もありません。もし複数いる場合、関係者を取りまとめなければならなくなりますので、会社設立までの手間と時間は相当にかかることとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *